英会話の気持ち

英会話をマスターするには、
実際に、英会話をすることが大切です。

とくに日本人は、
話せるようになってから、
英会話をしようとします。

でも、英会話をしているうちに、
だんだん、話せるようになるのが、
実際の英会話です。

話してみたら通じなかった

という経験を

楽しむことが大切

になってくるのです。

でも、日本人のばあい、
話したら通じなかったていうのは、
ちょっと恥ずかしいですね。

日本人なら、恥ずかしいと思うのはとうぜん。
日本の文化は、恥の文化です。

恥ずかしいと思ったら、
自分は日本人なんだと誇りに思っていればいいのです。


恥は、日本の宝!


しかし、恥ずかしいだけでは、さきにすすめません。
そこで、日本語を勉強している外国人を探しましょう。

彼らは、日本語が話せなくても、
まったく、恥ずかしがりません。

どんなに、間違っていようが関係なく、
堂々と話しかけてきます。

何人も、そんな人と接することができたら、
こうやって、失敗して恥をかきながら、
言葉を覚えていくんだなってことがわかるのです。

彼らは、失敗はしているが
恥をかいているとは思っていません。

失敗することが勉強なんだ

とわりきっているのです。


あたながもし、
英会話で上手く話せないことが恥ずかしければ、
日本語を勉強しはじめた外国人をみて参考にしてみてください。

きっと、参考になるはずです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。