翻訳と通訳って違うの?

英語の翻訳と通訳の違いは?

翻訳は、英語の文章を日本語の文章に変換すること
通訳は、英語を話す人と日本語を話す人との会話の手助け

正確な定義はわかりませんが、
言葉の意味としては、そんな感じでしょうか。

もっと、突っ込んでみると、

翻訳は、
文化の違いを理解させつつ日本語で表現するというような、

ハイレベルな日本語

がつかえないといけませんし、

通訳は、
英語を話す人と日本語を話す人それぞれに、

通訳を意識させないで

会話ができるようにしてあげなければいけません。

どちらも、英語ができるというレベルの話ではないんですね。

そうすると、翻訳には翻訳の勉強法があり、
通訳には通訳の勉強法があるということになるんです。

翻訳家をこころざす人が、日常会話の練習だけしていても、
また、通訳になりたい人が、英語の文章力を磨いていても

しょうがないんです。


しょうがないとは、言いすぎですが、
でも、それぐらいの気持ちはもっていないと、
効果的な勉強法がみつからないのではないかなと思います。

また、自分のスタイルというか、
「自分が英語を覚えやすい方法」がわかれば、
その方法の延長線でいろいろ考えられるかもしれません。

自分が英語を勉強するときに、
英語を書いて覚えやすい人は、
英語を書くこと(翻訳)を目指して、
英語を話して覚えるタイプの人は、
英語を話す(通訳)を目指してもいいかもしれません。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。